トイレの水を流すときに前傾姿勢になり、ポケットからボールペンを落としたら慌ててしまいますよね。

焦って適切な対処ができなければ、大きな事故に発展してしまうこともあるため注意しましょう。

今回はトイレにボールペンを落としたときの対処法や注意点をご紹介します。

ご自身でボールペンを取り除く方法を解説しているため、参考にしていただければ幸いです。

トイレにボールペンを落としたらつまる?

ボールペンは水に溶けないため、トイレに落としたらつまります。

ただボールペンを落とした後に、トイレの水が流れると「細長いものは落としても大丈夫」と安心するかもしれません。

しかし、ボールペンを取り除かなければ、トイレットペーパーや汚物などが絡まり、トイレがつまります。

またボールペンの先端が排水管に刺さり穴があけば、水漏れトラブルに発展してしまいかねません。

そのため、大きな事故に発展する前に、トイレに落としたボールペンを拾いましょう。

ボールペンがつまりやすい便器の構造

トイレにボールペンを落とした場合は便器の奥に引っかかってつまります。

トイレの排水はクネクネと曲がりくねった構造になっており、S字に湾曲した「せき」と呼ばれるところでボールペンがつまりやすいです。

せきに詰まっている場合、ご自身でボールペンが取り除ける可能性があります

ご自身でボールペンが取り除けないか試してみて、解決できない場合は水道修理工事業者へご相談することをおすすめします。

トイレにボールペンを落とした時の対処法

トイレに落としたボールペンは、S字に湾曲した「せき」でつまることが多いため、まずは以下の2つの対処法を試してみてください。

  • ボールペンが取れるまでトイレを使用しない
  • 排水口に手を入れてボールペンを取り除く

ここでは、それぞれの対処法について詳しく解説します。

ボールペンが取れるまでトイレを使用しない

ボールペンが取れるまでトイレは使用しないようにしましょう。

なぜなら、S字に湾曲した「せき」でつまっているボールペンにトイレットペーパーが絡まり、トイレつまりが発生するためです。

この状態でトイレの水を流すと、便器から汚水が溢れ出てしまうという事態になります。

そうすると床材が傷んでしまったり、汚水の臭いが残ったりする可能性もあるので注意しましょう。

このようなリスクを避けるため、トイレに落としたボールペンを取り除くまでトイレを使用しないようにしましょう。

排水口に手を入れてボールペンを取り除く

ボールペンはS字に湾曲した「せき」でつまっているケースが多いです。

そのため、ゴム手袋を着用して、トイレの排水口に手を突っ込めば取り出せるかもしれません。

手探りでボールペンらしきものがないか確認しましょう。

トイレの排水口に手を突っ込んだときに、誤って水が流れると水圧がかかり大変です。

そのため、作業前に止水栓を閉じておきましょう。

止水栓を時計回りに回せばトイレの水が出なくなります。

便器の中に手を突っ込んでもボールペンが見当たらなかった場合は、排水管へ流れてしまったと考えられるでしょう。

ボールペンが排水管に刺さり、穴があいて水漏れトラブルに発展する前に水道修理業者へ相談してください。

トイレにボールペンを落とした時の注意点

トイレにボールペンを落とした時の注意点

トイレにボールペンを落とした時の対処法をご紹介しましたが、手順を間違えて大きな事故に発展させないように3つの注意点を押さえておきましょう。

  • 水を流して押し出そうとしない
  • そのまま放置しない
  • ラバーカップは使わない

ここでは、それぞれの注意点について詳しく解説します。

水を流して押し出そうとしない

トイレにボールペンを落とした場合、水を流して押し出そうと考えるのはやめましょう。

なぜなら、ボールペンが奥に入り取り出せなくなるためです。

ボールペンを取り除く作業が大変になれば、業者に依頼する場合の工事料金も高くなります。

また、排水管の故障トラブルなど大きな事故に発展する恐れもあるため、焦ってトイレの水を流さないように注意してください。

そのまま放置しない

トイレにボールペンを落としたら放置しないようにしましょう。

落としてすぐのときは、トイレの水が流れるから問題ないと思うかもしれません。

しかし、以下のような事故に繋がる恐れがあり危険です。

[事故の例]

  • ボールペンにトイレットペーパーが絡まってつまる
  • トイレつまりに気づかず、便器から汚水が溢れ出す
  • ボールペンが排水管にあたり傷がつき水漏れトラブルが起きる
  • 排水管に穴があいて大規模な補修工事が必要になる
  • 共同排水管でつまりが起きた場合は近隣住民に迷惑をかける
  • 被害を与えた近隣住民から損害賠償を請求される

さまざまなトラブルが起きる恐れがあるため、トイレにボールペンを落としたら必ず取り除くようにしましょう。

ラバーカップは使わない

ボールペンを落としてトイレつまりが起きたとき、ラバーカップを慌てて使用する方が多くいらっしゃいます。

しかし、ラバーカップは大量のトイレットペーパーを流した場合など、水溶性の物がつまったときに使うものです。

ボールペンは水に溶けないため、ラバーカップを使用すると奥へ押し込まれてしまいます。

排水管の奥に入るほどボールペンを取り除くのが難しくなるため、トイレ詰まりに慌ててラバーカップを使用しないようにしましょう。

ボールペンが取れないときは水道修理業者に依頼する

前述の通り、トイレにボールペンを落としたときは、S字に湾曲した「せき」の部分でつまっているケースが多いので、まずは便器に手を突っ込んで探してみましょう。

もし、ボールペンが取り除けない場合は、無理をして事態を悪化させる前に水道修理業者に依頼することをおすすめします。

水道修理業者を選ぶときは、以下のポイントを押さえておきましょう。

[水道修理業者を選ぶときのポイント]

  • 水道局指定工事店として登録されているか
  • 水道修理の実績を豊富に持っているか
  • 水道修理工事担当者は信頼できる人か
  • 見積書の内訳がわかりやすく明瞭会計であるか
  • 見積金額が費用相場からかけ離れていないか
  • アフターメンテナンスサポートが付いているか

水道修理業者の費用相場

水道修理工事業者に相談するときに、気になるのは修理料金ではないでしょうか?

そのような方向けに、一般的な水道修理業者の費用相場をまとめました。

トイレのどこにボールペンがつまっているかで作業内容は変わります。

排水管に穴が空いた場合は補修工事が必要となり、さらに料金が高くなります。

修理工事の内容 費用相場
トイレつまりの解消 4,000円~8,000円
トイレ脱着作業 15,000円~20,000円
高圧洗浄作業 8,000円~35,000円

(※トイレつまりの箇所までの距離により変動する)

排水桝の点検・清掃 40,000円~50,000円

※上記の金額に基本料金(2,000円~4,000円)が別途かかります。

水道修理工事業者で料金体系は異なるため参考価格とお考えください。

まとめ

ボールペンは水に溶けるものではないため、トイレに落としたらつまります。

しかし、ボールペンは、S字に湾曲した「せき」にひっかかりやすいです。

そのため、まずはゴム手袋を着用して便器に手を突っ込み、ボールペンがないか確認してみましょう。

そうすることで、自分でボールペンを取り除けるかもしれません。

もし、トイレに落としたボールペンが見当たらなかった場合は、排水管トラブルの水漏れトラブルなど大きな事故に発展する前に「トイレつまりの救急センター」へご相談ください。

以下の記事では、その他の主なトイレつまりの原因についてまとめていますので、困ったときはぜひ参考にしてみてください。

トイレのつまりの原因は?つまった時の対処法と予防策を紹介