「トイレでパンツを水洗いしようとしたら誤って流してしまった」と慌てていませんか?トイレにパンツを流すとゴゴゴと大きな音がするため「つまらず流れたかな?」と気になるものです。

今回はトイレにパンツを流してしまった時の対処法や注意点をご紹介します。

パンツが流れたか確認する方法やパンツを取り除く方法を解説しているため、トラブル解決にお役立て頂ければ幸いです。

トイレにパンツを流してしまったらどうなる?

トイレにパンツを流してしまったら、便器や排水管の中でひっかかりトイレがつまります。

ただ、パンツの素材でトイレのつまりやすさは変わります。

薄手のナイロン素材のパンツはつまりにくいですが、コットン素材やパイル素材のパンツはつまりやすいです。

しかし、薄手のパンツを流した場合でも事故に発展する恐れがあるため、必ずトイレにつまっていないか確認するようにしましょう。

パンツを流してトイレがつまったら放置してはいけません。

なぜなら、便器や排水管の奥にパンツが移動して取り除きにくくなり水道修理工事料金が高くなるためです。

また、アパートやマンションの共有部分の排水管でトイレつまりが起きたら、近隣住民に迷惑をかけてしまいます。

状況次第では、近隣住民から損害賠償が請求されてしまうケースもあるため、トイレにパンツを流してしまったら速やかに取り除くようにしましょう。

トイレにパンツがつまっているか確認する方法

パンツが流れたかどうか確認したい方は、トイレットペーパーを適量とり、丸めて流してみましょう。

丸めたトイレットペーパーを5、6個ずつ投げてみて、水が流れていけばパンツも流れていると考えて問題ありません。

しかし、便器や排水管内にパンツがある場合は水が逆流してくる恐れがあります。

最悪の場合は、便器から水が溢れ出てしまう恐れがあるため、汚れてもよい服装に着替えたり、床にタオルを敷いたりなど万全の準備をして試してください。

紙おむつはつまる可能性が大きい

パンツではありませんが、紙おむつをトイレに流した場合は高確率でつまります。

なぜなら、紙おむつは吸水性が高く膨らむためです。

排水管の中で紙おむつが膨れ上がると、経年劣化した排水管はひび割れて水が漏れます。

大きな事故に発展する可能性が高いため、紙おむつやナプキンなど吸水性が高いものを流した場合は、すぐに水道修理業者へ相談しましょう。

トイレにパンツを流してしまった時の注意点

トイレにパンツを流したら慌ててしまいますが、間違った対処をすると被害が拡大してしまいかねません。

そのため、次に挙げるようなことは行わないように注意しましょう。

  • 無理にパンツを流そうとしない
  • ラバーカップを使わない

ここでは、トイレにパンツを流してしまった時のNGな対処法をご紹介します。

無理にパンツを流そうとしない

トイレにパンツを流すと大きな音を立てて勢いよく流れていきます。

そのため「パンツは流れるのではないか?」と感じる方もいると思いますが、無理やり水で流し切ろうと試みるのはやめましょう。

水で流そうとすると排水管でパンツがつまるかもしれません。

もしパンツが奥へ奥へと移動してしまうと、自力で取り出すことが難しくなります。

またマンションやアパートの共有部分の排水管でパンツがつまると、近隣住民も下水が使用できません。

近隣住民に迷惑をかけると、最悪の場合は損害賠償が請求されてしまう恐れがありますので、パンツを無理に流すのはやめましょう。

ラバーカップを使わない

パンツを流してトイレつまりが発生すると慌てて、ラバーカップでトラブルを解決しようと考えてしまいがちです。

しかし、ラバーカップでトイレつまりを解消しようとするのは避けましょう。

ラバーカップは、大量のトイレットペーパーを流したときなど、水で溶かせるものには有効ですがパンツは水に溶けません。

この原理を知らないまま、トイレつまりのトラブルを解決するためにラバーカップを使用し続けると、パンツが奥へ奥へと移動して、事態をさらに悪化させてしまいます。

そのため、ラバーカップは使用しないようにしましょう。

トイレにパンツを流してしまった時の対処法

トイレにパンツを流してしまった時の対処法

トイレにパンツを流してしまったときの注意点をご紹介しましたが、ご自身でできる対処法は3つあります。

  • 手でパンツを取り除く
  • 便器の水を抜く
  • 屋外の排水マスを確認する

ここでは、上記3つの対処法について詳しく解説します。

手でパンツを取り除く

トイレの水を流して少ししてからパンツをトイレに落としてしまった場合、排水管まではいかずに便器の排水口の奥でつまっている可能性があります。

そのため、ゴム手袋を着用してトイレの排水口に手を突っ込んでパンツがないか探してみましょう。

自宅にゴム手袋がない場合は、ビニール袋を装着して腕の部分をゴムで止めれば代替えできます。

便器の中に手を突っ込むことに抵抗があるかもしれませんが、異物を見つけた場合にキャッチしやすいのが「手」の良さです。

どうしても、便器の中に手を突っ込みたくないという方はトングを使用して取り除きましょう。

便器の水を抜く

パンツは、便器の奥の水たまりで浮いている可能性があります。

トイレの排水口はV字になっており、便器に水が溜まるようになっています。

便器の水を抜けば、水たまりに浮いているパンツが落ちてきて取り除くことができます。

便器の水を抜く場合は灯油ポンプがおすすめです。

[灯油ポンプで便器の水を抜く方法]

  1. 必要なもの(灯油ポンプとバケツ)を準備する
  2. トイレより低い位置にバケツを設置する
  3. 灯油ポンプ上にあるキャップを締める
  4. 灯油ポンプを押して水を汲み出す
  5. 灯油ポンプ上にあるキャップを緩める
  6. パンツが出てくる

灯油ポンプをお持ちではない方は、おたまと使用して便器の水を抜きましょう。

屋外の排水マスを確認する

トイレの排水口、排水管も問題なく通過したら排水マスでパンツがつまることがあります。

排水マスとは、排水管を点検したり清掃したりするために設けられているものです。

一軒家の場合は敷地内に排水マスがあるため、以下の方法でパンツがつまっていないか確認し、併せて掃除しておきましょう。

【排水マスの点検方法】

  1. 排水マスのフタを開ける
  2. 排水マスの表面の油を砕いてすくう
  3. エルポを取り外す
  4. 排水マスの沈殿物をすくい掃除する
  5. パンツが浮かんでいないかを確認する
  6. 排水マス全体を掃除する

アパートやマンションにお住まいの方は、排水マスを確認できません。そのため、大家さんや管理会社へ相談しましょう。

トイレにパンツがつまった時はどこに連絡すればいい?

トイレにパンツがつまり、自分自身で対処してもトラブルが解決できなかった場合は水道修理業者に連絡をしましょう。

お問い合わせをすれば、自宅まで駆けつけてくれます。水道修理工事業者の作業手順は以下の通りです。

[水道修理工事業者の作業手順]

  1. 連絡を受けてトイレ修理業者が自宅に駆けつける
  2. スコープカメラを使用して、どこでつまっているかをチェックする
  3. トイレつまりの原因を特定し、修理作業代金の見積書を提示する
  4. 見積金額に承諾したら修理作業を進める
  5. トイレつまりが解消できたことをチェックして修理料金を支払う

トイレの排水口にパンツがつまっている場合は、トイレを取り外して確認するだけです。

また、排水マスでつまっている場合も簡単にパンツを取り出せるでしょう。

しかし、排水管でパンツがつまっている場合は、高圧洗浄で押し出すなど、複雑で難易度の高い作業が必要になります。

マンションやアパートの場合は管理会社に相談する

マンションやアパートにお住まいの場合は、水道修理業者に依頼する前に管理会社へ相談しましょう。

なぜなら、アパートやマンションの場合、トイレの排水口を通り、共有部分の排水管でつまりが起きている恐れがあるためです。

トイレのつまりが起きている箇所によっては、近隣住民に修理工事への理解、協力をしてもらわなければいけません。

そのため、まずは管理会社へ相談して、大きなトラブルが発生しないように対応を進めてもらいましょう。

管理会社へ相談すれば、水道修理業者を手配してくれることもあります。

水道修理業者の費用相場

水道修理業者の料金体系は、基本料金+作業料金です。

各社で水道修理料金は異なりますが、平均費用相場は以下の通りです。

修理工事の内容 費用相場
トイレつまりの解消 4,000~8,000円
トイレ脱着作業 15,000円~20,000円
高圧洗浄 8,000円~35,000円

つまりの箇所までの距離により変動

排水桝の高圧洗浄+取り出し 40,000円~50,000円

※別途、基本料金(2,000円~4,000円)がかかります。

排水管に穴が空いた場合は大がかりな補修工事が必要となり、さらに料金がかかります。

そのため、大きなトラブルになる前に水道修理業者へ相談しましょう。

水道修理業者を選ぶポイント

水道修理業者に依頼するときは、業者選びを慎重に行いましょう。

なぜなら、水道修理業者の中には悪徳業者も存在するためです。

万が一、悪徳業者にあたると、高額な料金を請求されてしまいます。

また、何も説明がされないまま、トイレ内のつまりを確認するためにトイレの脱着工事がされる被害も起きているようです。

具体的にはトイレの脱着工事がされて、元の状態に戻してもらうために、高額な修理費用を支払う被害が相次いでいます。

このようなトラブルを防止するため、以下7つのポイントを押さえた上で依頼先を決めるようにしましょう。

[水道修理業者を選ぶポイント]

  • 水道局指定工事店に登録されている
  • 水道修理料金の見積金額が明瞭である
  • 確かな実績や技術力があるか
  • 接客態度が丁寧であるか
  • 会社所在地と電話番号が記載されている
  • 口コミや評判がよい
  • アフターサービスが提供されている

まとめ

トイレにパンツを流してしまったら便器の奥や排水管の中でひっかかり、高確率でトイレがつまります。

しかし、ナイロン素材の薄手のパンツなどは流れていくこともあるため、ティッシュを流して確認してみましょう。

この記事では、ご自身でパンツを取り除ける対処法もご紹介したので実践してみてください。トイレに流したパンツが取り除けなかった方は「トイレつまりの救急センター」までご相談ください。

以下の記事では、その他の主なトイレつまりの原因についてまとめていますので、困ったときはぜひ参考にしてみてください。

トイレのつまりの原因は?つまった時の対処法と予防策を紹介