私たちが日常的に使用しているトイレは、糞尿などの汚物によって詰まってしまうこともあります。

この記事では、実際に汚物でトイレが詰まってしまったときに正しく対処できるよう、NGな対処法と正しい対処法をわかりやすく解説していきます。

 

自分でできる対処法だけでなく、どういったときに修理業者に依頼するべきかなどについてもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

トイレ詰まりは汚物も原因になる理由とは

私たちが日常的に使用するトイレでは、汚物が詰まりを引き起こしてしまうケースもあります。

汚物によってトイレが詰まってしまう原因としては、以下の6つのパターンがあげられます。

  • 大量の便や硬い便が詰まる
  • トイレットペーパーを流しすぎている
  • ナプキンなどの水に溶けないものを流している
  • トイレの水圧が弱くなっている
  • 今まで流した汚物が詰まっていた
  • 他の家からの汚物で排水管が詰まっている

それぞれ詳しく解説していきます。

大量の便や硬い便が詰まる

お腹を壊して便の量が多くなったり、便秘によって硬い便が出た場合、それらが原因でトイレが詰まってしまうことがあります。

便器の中には「封水」と呼ばれる水が溜まっていますが、封水が見えなくなるほど大量の便が出たときは注意が必要です。

また、便秘が解消されたときに出る硬い便は水に溶けづらいため、排水管のカーブしている部分などに引っかかり、詰まりを引き起こすことがあります。

トイレットペーパーを流しすぎている

トイレットペーパーは水に溶けるため、基本的に詰まることはありません。

ただ、一度に大量のトイレットペーパーを使用し流してしまうと、分解が追いつかずに詰まってしまうことがあります。

お腹を壊しているときはついトイレットペーパーを大量に消費してしまいがちですが、トイレを詰まらせないためには、何回かに分けて流すようにするなどの対応が必要になります。

ナプキンなどの水に溶けないものを流している

ナプキンやおむつなども詰まりを発生させるため注意しなくてはいけません。

ナプキンやおむつを意図的にトイレに流す人はいないかと思いますが、誤ってトイレに落として流してしまった場合、トイレの内部や排水管に詰まってしまうことがあります。

ナプキンやおむつにはジェル状の素材が含まれていますが、その素材は水を吸うと膨張する性質があるため、トイレの内部や排水管の中で膨張し、詰まりを発生させる可能性があるので注意しましょう。

ナプキンはトイレ詰まりの原因になる!対処法とやりがちなNG行動を紹介

トイレの水圧が弱くなっている

トイレに溜まった糞尿などの汚物は、トイレを流したときの水圧によって排水管へと排出され、下水道へ流されていきます。

ただ、何らかの理由でトイレの水圧が弱くなっていると、汚物をしっかりと排水管へ排出できず、トイレの内部に堆積して詰まる可能性があります。

今まで流した汚物が詰まっていた

ここまで紹介してきた原因やその他何らかの理由によってこれまで流してきた汚物がトイレの内部や排水管に堆積してしまっている場合、配管が狭くなります

配管が狭くなると、本来問題なく流されていくはずの汚物を流しきることができず、どんどん堆積していくため、いずれかのタイミングで詰まりが発生するようになります。

集合住宅で他の家からの汚物で排水管が詰まっている

マンションなどの集合住宅の場合、自分の部屋だけでなく他の部屋が原因となって詰まりが発生することもあります。

集合住宅では、部屋から排出された汚水をメインの排水管に集め、まとめて排出するような仕組みになっています。

この集合住宅ならではの構造上、一部の部屋で詰まりが発生すると全体に影響する可能性があり、他の家からの汚物が原因となって排水管の詰まりが発生することがあるわけです。

恥ずかしいからと汚物によるトイレ詰まりを放置しない

汚物でトイレが詰まってしまった場合、「恥ずかしい」といった理由で業者に修理を依頼するのを躊躇される方がいますが、放置するのはおすすめできません。

汚物によるトイレの詰まりを放置すると、以下のようなトラブルが発生する可能性があります。

  • 水が逆流してくる
  • 階下の部屋に迷惑がかかる

詰まりを放置することで想定されるトラブルについて詳しく解説していきます。

水が逆流してくる可能性がある

トイレが詰まると、トイレの中に溜まった汚水や汚物を排水管へ排出できなくなります。

行き場のなくなった汚水や汚物は、逆流してトイレから溢れてしまう可能性があるため放置するべきではありません

水が逆流してトイレから溢れ出ると、汚水や汚物がトイレの床に散乱して衛生的によくありませんし、トイレの床材をダメにしてしまう可能性もあるので、放置せずに早急に対応するようにしましょう。

集合住宅では階下に迷惑をかける可能性がある

アパートやマンションなどの集合住宅の場合、自分の部屋で発生した汚物によるトイレの詰まりが他の部屋に影響をあたえてしまう可能性があるため放置するべきではありません。

詰まったトイレの水が逆流してトイレの床に溢れ出てしまったり、トイレの奥の配管部分から水漏れが発生すると、階下の部屋での水漏れを誘発する可能性があります

階下の部屋など他の部屋に影響が出ると、その部屋の修繕費を負担したり損害賠償をしなくてはならなくなるため、放置せずなるべく早急に対応する必要があります。

汚物によるトイレ詰まりを解決する方法

おむつやナプキンなど水に溶けないものをトイレに流したことで詰まりが発生している場合は修理業者への依頼が必要になりますが、糞尿などの汚物よる詰まりは自分で対処することも可能です。

具体的な方法としては、以下の方法があげられます。</span

  • 洗濯洗剤とお湯で汚物を溶かす
  • ラバーカップを使う

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

洗濯洗剤とお湯で汚物を溶かす

汚物によるトイレの詰まりには、家にある洗濯用の洗剤とお湯で対処できます。

まず、鍋に水をはってお湯を沸かしましょう。

お湯の温度が高すぎると便器が割れてしまうため、50度程度にとどめるようにしてください。

お湯が用意できたら、100cc程度の洗濯洗剤と一緒にゆっくり便器に流し入れて様子をみましょう。</span

洗濯洗剤にはタンパク質を分解する成分が含まれているため、汚物を柔らかくしてくれます。

あとは、20分ほど放置してから少しずつ水を流してみて、トイレの中の水が問題なく排出されるかどうか確認するようにしましょう。

ラバーカップを使う

汚物によるトイレの詰まりは、トイレの詰まりを起こしたときによく用いられるラバーカップでも解消できます。

ラバーカップは汚物などの柔らかいものによる詰まりを解消するためのアイテムで、詰まっているものを引き出すことで詰まりを解消します。

ラバーカップを使用する際は、まずトイレの中に溜まっている水をできる限り汲み出しましょう。

ラバーカップのゴム部分が少し浸る程度まで水を汲み出したら、水が溜まっている部分にラバーカップを当てて押し込み、勢いよく引っ張ります。

詰まっている汚物が引き出されるまで、何度か同じ作業を繰り返しましょう。

ラバーカップには和式用のものと洋式用のものがあり、サイズもいくつか種類があるので、家のトイレに適したものを用意して対応するようにしてください。

水回り専門業者に依頼する

ここまで紹介してきた方法を実践しても汚物によるトイレの詰まりが解消されない場合や自分で対処するのが難しい場合は、無理に対応しようとせず、水回りの専門業者に依頼して作業を行ってもらうようにしましょう。

トイレの詰まりの解消は、詰まりの原因をつきとめて正しい方法で対処することが重要です。原因を究明し正しい方法で対処するには、トイレの修理に関する知識や技術、経験が求められます。
修理業者ではない一般の方が無理に自分で対処しようとすると、詰まりを悪化させたり便器や配管を傷つけるなどして事態を悪化させてしまいかねません。

より確実かつスムーズに対処するためにも、業者に相談して対応してもらうようにしてください。

汚物によるトイレ詰まりで業者を呼ぶのは恥ずかしくない

汚物によってトイレが詰まってしまった場合、恥ずかしくなって業者を呼ぶことを躊躇してしまうようなケースは少なくありませんが、決して恥ずかしいことではありません。

その主な理由としては、以下の2点があげられます。

  • 業者は汚物によるトイレつまりに慣れている
  • 迅速に問題を解決する方が大切

それぞれ詳しく解説していきます。

業者は汚物によるトイレ詰まりに慣れている

汚物によってトイレが詰まった場合、業者に依頼するのを「恥ずかしい」と感じてしまう気持ちもわかりますが、そこまで気にする必要はありません。

なぜなら、汚物でのトイレ詰まりは珍しいことではなく、頻繁に発生しているからです。

トイレの修理業者は日常的に汚物によるトイレ詰まりの修理をおこなっているため、詰まりの原因が汚物であっても気にせず作業してくれます。

汚物によるトイレの詰まりはどこの家庭でも起こり得るということもよく理解しており、珍しいこととは考えていないので、気にせず依頼するようにしましょう。

迅速に問題を解決する方が大切

トイレの修理業者は1日に何件も現場をまわり、修理をおこなっています。

目の前で起きているトラブルに対して、迅速に問題を解決することだけを意識して作業しているので、修理する際に汚物で詰まったかどうかを気にしたりはしません

業者側が気にしないわけですから、こちらも変に意識しなくても良いです。

気にせず、早急に修理を依頼し、少しでも早く詰まりを解消してもらうようにしましょう。

汚物によるトイレ詰まりに関するよくある質問

最後に汚物によるトイレ詰まりに関するよくある質問をいくつか紹介していきます。

汚物が詰まったとき、自然に治る時間はどれくらいですか?

汚物による詰まりが解消されるのにかかる時間は2〜3時間程度です。

汚物はトイレの中の水によって徐々に柔らかくなっていくので、2〜3時間ほど放置することで詰まりが解消される可能性があります。

ただ、あくまでも詰まりが解消される可能性があるだけで、必ず解消されるわけではありません。

2〜3時間ほど待っても詰まりが解消されないときは、業者に依頼するなどして対応するようにしましょう。

汚物がトイレに詰まった際にパイプユニッシュで解決できますか?

汚物によってトイレが詰まるとパイプユニッシュなどのアイテムで対応しようとする方がいますが、パイプユニッシュには汚物を溶かすような効果はありません

パイプユニッシュは配管に溜まった髪の毛や油汚れを溶かして綺麗にするための製品なので、トイレが詰まったときには使用せず、状態に応じて正しい方法で対処するようにしましょう。

まとめ

汚物によるトイレ詰まりはさまざまな理由によって発生します。

洗濯洗剤やラバーカップを使って自分で詰まりを解消できることもありますが、自力での対応が難しいケースもあります。

自分で対処するのが難しいときは、迷わず業者に依頼するようにしましょう。

詰まりの原因が汚物ということで業者に依頼するのを躊躇してしまう気持ちもわかりますが、放置していると状況が悪化する可能性があるので、なるべく早いタイミングで依頼するようにしてください。

トイレのつまりの原因は?つまった時の対処法と予防策を紹介