「トイレの水位がいつもより低いのは何故なのだろうか?」「トイレからコポコポと音が鳴っているけれど故障なのだろうか?」と気になっていませんか?

そのような方向けに、今回はトイレの水位が低くコポコポなる原因と対処法をご紹介します。

この記事を読めば、トイレの水位が低くなる原因と対処法がわかるようになるため、ぜひ参考にしてみてください。

トイレの水位が低くなるのはなぜ?

トイレの水位が低くなる原因には、以下のようなものがあります。

  • トイレがつまっている
  • 誘引現象で水が減っている
  • 流れる水量が少ない
  • 便器が破損している
  • トイレの水が蒸発している

ここでは、それぞれの原因について詳しく解説します。

トイレットペーパーがつまっている

トイレットペーパーをつまらせてしまうと、トイレの水位が下がります。なぜなら、つまらせたトイレットペーパーがトイレの水を吸い上げるためです。このような現象を毛細管現象と呼びます。

習字の際に、筆に墨汁を浸すと一気に吸い上げる様子はイメージしやすいかと思いますが、同じ原理です。

毛細管現象でトイレの水位が下がっている場合は、大きなトラブルに発展する前にトイレットペーパーを取り除くようにしましょう。

トイレの40℃のお湯を流したり、ラバーカップで水圧をかけたりすれば、トイレットペーパーは溶かせます。

誘引現象で水が減っている

誘因現象でトイレの水位が下がることもあります。誘因現象とは、排水管に流れる水の勢いが強く、本来であれば便器内に溜まる封水まで流れてしまう現象です。

このような誘因現象を「自己サイホン現象」といいます。

上の階のトイレの水を勢いよく流したとき、排水管内の空気圧力が加わり、封水が引っ張られるケースも多いです。

このような誘因現象を「誘導サイホン現象」といいます。

誘因現象でトイレの水位が下がっているだけであれば、故障ではありません。

通常通りトイレの水を流すだけで改善できます。

便器が破損している

便器がひび割れなど破損している場合は、その箇所から水が漏れてトイレの水位が下がってしまいます。

便器が破損する大きな原因は経年劣化です。

経年劣化で耐久性が弱まり、体重をかけるとひび割れしてしまう可能性があります。また、掃除をする際に便器の上に立つなど、強い力を加えると破損するため気をつけてください。

もし、便器が破損したらトイレ修理工事業者へ相談して交換するようにしましょう。

業者が駆けつけてくるまでに水漏れしたら大変です。

そのため、応急処置として布テープで応急処置をしておくことをおすすめします。

トイレの水が蒸発している

旅行や出張などで家を空けた場合、トイレの水が蒸発します。

封水は1日に約1mm蒸発すると言われています。

とくに夏は気温が高くなり、封水が蒸発しやすいです。

1ヶ月間、家を留守にしてトイレを私用しないでいると、封水が蒸発してなくなってしまうでしょう。

封水がなくなると、排水の嫌なニオイが漂います。そのため、コップ1杯分のお水を注ぎましょう。

トイレの水位が低いときにコポコポとなる理由

トイレの水位が低いとき「コポコポ」「ゴボゴボ」と、トイレの奥から聞こえることがあります。

このような音はトイレがつまるサインです。

トイレの便器内または排水管がつまると、そこに汚水が溜まります。

排水管内を押し上げてきた空気が汚水を抜けるときに「コポコポ」「ゴボゴボ」と音が鳴るのです。

つまり、「コポコポ」「ゴボゴボ」と聞こえたら、便器または排水管で何かがつまっていることになります。

そのため、トイレから異音がしたらトイレつまりを疑うようにしましょう。

コポコポ以外の異音がすることも

トイレから発生する異音は「コポコポ」「ゴボゴボ」だけではありません。

トイレの異音別に、どのようなサインなのかを覚えておくと、慌てずに対処できるようになります。異音別の対処方法をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

・トイレタンクからチョロチョロと鳴る

トイレタンクの部品(浮き球装置やパッキン)の故障が原因のため交換する

・おしり洗浄機から異音がする

脱臭フィルターを掃除して異音が消えない場合はメーカーに問い合わせる

・トイレ以外の場所(キッチンやお風呂)からも異音がする

大雨で下水が逆流している音のため、雨がやんだら解決する可能性が高い
雨がやんでも解決できない場合はトイレ修理業者を呼ぶ

トイレの水位が低くコポコポなるときの対処法

トイレの水位が低くコポコポなるときの対処法

トイレの水位が低くコポコポとなったときは、何が原因であるかを特定した上で対処するようにしましょう。

トイレの水位が低くコポコポなるときの対処法は5つあります。

  • トイレに水やお湯を流す
  • ラバーカップでつまりを解消する
  • 便器の部品を交換する
  • 集合住宅の場合は管理会社に相談する
  • トイレ修理業者に修理を依頼する

ここでは、それぞれの対処法について詳しく解説します。

トイレに水やお湯を流す

封水が蒸発していたり、トイレットペーパーをつまらせたりした場合は、トイレに水やお湯を流しましょう。

・トイレの封水が蒸発している場合

コップ1杯分の水をゆっくり注ぐだけで解決できます。

・トイレットペーパーがつまっている場合

トイレットペーパーがつまっている場合は、以下の手順で対処しましょう。

[トイレットペーパーがつまっている場合の修理手順]

  1. 必要な道具(バケツ・タオル・ゴム手袋・灯油ポンプ)を用意する
  2. 灯油ポンプなどで便器内の水位を下げる
  3. バケツを試用してお湯(40~50℃)を注ぎ1時間ほど待つ
  4. トイレの水位が減ったらバケツで水を流す
  5. バケツの水が流れたら、トイレのレバーを回す

※温度が高いお湯を注ぐと便器が割れるため、必ず40~50℃のお湯を注ぎましょう。

ラバーカップでつまりを解消する

トイレにトイレットペーパーをつまらせて水位が下がっている状態を、すぐに解決したい方はラバーカップを使用しましょう。

ラバーカップで水圧を加えると、トイレットペーパーを溶かせます。

手順は以下の通りです。

[ラバーカップでつまりを解消する手順]

  1. 床や壁を新聞紙などで養生する
  2. ラバーカップの先口を引き出して使用する
  3. トイレの水位が低い場合はバケツで水を注ぐ
  4. ラバーカップを排水口に押し当てる
  5. ゆっくりと押し込み、素早く引き塗っク
  6. 水圧の変化でトイレットペーパーを溶かしていく
  7. ゴボっと水が引いていき、通常の水位に戻る

トイレタンクの部品を交換する

トイレタンクからチョロチョロと異音が鳴っている場合は「浮き球」「ボールタップ」「パッキン」などの部品を交換することで排水量が増やせます。

トイレの排水量が少ないと、トイレットロールが流れて行かずに、排水管の途中で詰まっていまいかねません。

そのため、トイレタンクからチョロチョロと異音が鳴っている場合は、タンク内や給水栓を見て故障していないか確認して、必要に応じて部品を交換しましょう。

集合住宅の場合は管理会社に相談する

マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいで誘導サイホン現象に悩んでいる場合は、管理会社へ相談しましょう。

管理会社にトイレの水位が下がっているなど事情を説明すれば、どのように対処してくれるか教えてくれます。

管理会社が日頃から付き合いのあるトイレ修理業者を紹介してくれるかもしれません。

また、管理会社が近隣住民へ対応してくれることもあります。

そのため、1人で悩まず管理会社へ相談しましょう。

トイレ修理業者に修理を依頼する

トイレの水位が下がった場合の対処法をご紹介しましたが、自己解決できない場合はトイレ修理業者へ修理を依頼しましょう。

トイレ修理業者は6つの基準で選ぶと失敗せずに済みます。

[トイレ修理業者を選ぶ基準]

  • 水道局指定工事店であるか
  • 24時間365日対応であるか
  • トイレ修理工事の実績を豊富に持っているか
  • 口コミ・評判がよいか
  • トイレ修理の作業と料金について説明があるか
  • 明瞭会計であるか

トイレ修理業者の中には、高額な請求をする悪徳業者も存在するため、慌てずに信頼できる業者へ依頼するようにしましょう。

大雨の時にトイレからコポコポ音がする場合も

大雨の時にトイレからコポコポと音がする場合もあります。

この音は、下水管に雨が流入し許容量をオーバーして空気が押し出されてコポコポと音が鳴っているだけです。

トイレつまりのトラブルのコポコポとは異なり故障ではありません。

状況が酷い場合は、トイレが使用できなくなりますが、雨が止めば症状は解決します。

トイレつまりのトラブルではありませんが、大雨時にトイレから汚水が逆流してくれることもあるため、水のうで汚水の逆流対策をしておきましょう。

大雨のときにトイレが使用できなくなる理由については、下記の記事で詳しく解説しています。

大雨でトイレが流れないときの対処法は?汚水の逆流に注意

H2 まとめ

トイレの水位が下がる原因には以下のようなものがあります。

  • トイレがつまっている
  • 誘引現象で水が減っている
  • 流れる水量が少ない
  • 便器が破損している
  • トイレの水が蒸発している

大切なことは、トイレの水位が下がる原因を特定して正しい対処法をすることです。

この記事では、どのように対処すべきかを詳しく解説したため、ぜひ参考にしてみてください。

また、この記事を読んでもトイレの水位が元に戻らなかったという方は、トイレ修理工事業者を呼びましょう。

トイレつまりの救急センター」にお問い合わせ頂ければ、すぐに駆けつけますので、お気軽にご相談ください。